実務経験豊富な専門家をネットワークに持つマンション管理のパートナー

管理規約と細則

管理規約

お住まいのマンション、管理規約は作成されていますか・・・?
マンションには、それぞれが独自に定める「ルール」があることはご存知ですか・・?
分譲会社(売主)が作成した管理規約のままになっていませんか・・・?

マンションには、価値観や考え方が異なる多数の人が居住しています。物事に対する考え方やライフスタイルは人の数だけ存在します。もし、マンション居住者が皆、自由気ままに生活したとしたら、トラブルが続出して快適に生活していくは出来ません。これを避ける為に、マンションには「管理規約」というものが存在し、その中で共同生活をしていく上でのルールが決められています。

管理規約は、マンション居住者(所有者)の総意を文章化した「マンションの憲法」とも言われ、居住者(所有者)全員で決めたマンションで共同生活をしていく上で、守らなければならない必要最低限の約束事です。自らの住んでいるマンション管理規約を各々が、良く読んで理解しておきましょう。

* 以下のような事項が定められています。
・ 対象とする建物について
・ 管理組合の業務、役員について
・ 専有部分・共用部分の使用方法について
・ 建物の維持管理について
・ 総会について
・ 理事会(役員会)について
・ その他生活上のルールについて  ・・・ など

全ての区分所有者は、管理規約に拘束されるため、作成・見直しにあたっては、区分所有法等の法律に則り、各区分所有者の意向を踏まえて利害の衡平を図り、かつ、マンションの実情に合わせて作成することが重要です。

管理規約は、マンション生活の基本となる大切な取決め事でありマンション居住者(所有者)にはこれを守る義務があります。

しかし、場合によっては、時が経つにつれて、管理規約に定められた事項が現実にミスマッチを起こしてしまう場合も出現しうることが予想されます。そのような時には、皆んなで話合い合意した上で、管理組合総会において規約を改正することが合理的で得策な場合も起こり得るということです。

例えば、ペット飼育が一律禁止されているマンションにおいて、飼育できる動物の種類や飼育方法などを定めた上で、ペット飼育を解禁したケースなどがあります。

使用細則

駐車場・駐輪場の使用方法やペット飼育に関すること等、個々の具体的ルールは、管理規約とは別に、使用細則として定めます。 詳細なルールやマナーを定めて置くことが区分所有者間のトラブルを未然に防止し、良好な居住環境の確保・維持に繋がります。

 管理規約の改正には、区分所有者および議決権の各3/4以上の賛成が必要であるため、改正は容易ではありません。

これに対し、*使用細則の改正は、原則として、区分所有者および議決権の各過半数の賛成で行うことができます。

個々の具体的なルールである使用細則は、各マンションの実情に合わせて柔軟に変更することが望まれます。

* 決議要件は、管理規約で変更することが出来ます。

資産価値の維持向上のためには

管理組合がしっかりと運営されていることが前提となりますが、最近では、分譲マンションの新規購入希望者はもとより、中古マンションの購入希望者においても、管理規約の有無並びに中身についてまで、言及して検討している購入者も出始めているとのことです。

永く、住むことになるマンションの快適な居住環境の維持には、必要、且つ、充分な管理が改めて重要だと、認識され始めたことによります。

これにより、マンションを選ぶ際のポイントは、環境や立地条件、間取り、設備といったハード面は勿論のこと、管理というソフト面をも加味し、総合的に判断することが大切であるということになります。

お気軽にお問い合わせください TEL 048-974-1044

PAGETOP
Copyright © 栗原マンション管理士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.